≪漆器を楽しむ≫1

加飾済み 会津やまうち(斜上)
漆器は仮に欠けやヒビなどが入っても補修して使用できる素晴らしい器物です。
しかし、欠損が発生した時ばかりにその器物に手を加える、というものではありません。
普段から使い込んでいる思い入れのある器に対し、塗り直しや加飾を加えることによりリニューアルし楽しむことも出来るのです。
今回は、その1例をご紹介します。

≪リニューアル前≫

お椀 修理願い②

≪リニューアル後≫

加飾済み 会津やまうち(斜上)

金蒔絵が入ってあった器に対し、内外を塗り分けでの塗り直し(越前塗)、蓮の加飾(会津塗)、という具合に2段階にて実施しました。
リニューアル前後ではかなりイメージの異なる見栄えですが、元々は同じ器物です。
また、今回は塗り直した後に加飾をしておりますが、現在お持ちの無地の器に加飾(絵や模様)を入れるといったことも勿論できます。

 

自分のお気に入りの器物を、更に特別なものにしてみては如何でしょうか。

関連記事一覧

  1. 1473991030483
  2. 1481676418235
  3. 1473994302884
  4. 1475800650448
  5. 20170218 食卓
  6. 1481676418235

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


漆器について何でもご相談ください。
商品のことやリフォーム、手入れの仕方など
どのようなことでもご相談承ります。

PAGE TOP